くまの体験企画とは

熊野へのいざない。

熊野古道エコツアーくまの体験企画の設立時のガイド6人

「熊野七坂 七坂越えても まだ坂つきぬ」と唄われたように、熊野古道伊勢路はいくつもの山道を越える苦難の道でした。

それでも、なぜ多くの人々が熊野を目指したのでしょうか。
やっと、熊野にたどり着いた人々は、何を思い、祈ったのでしょうか。

あなたの足で石畳を歩いて、体験して、確かめる、そのお手伝いをさせていただきたいと思っております。

エコツーリズムは、「観光を通じて、自然・歴史・文化を守り、活かし、理解を深めるとともに、地域振興につなげる旅行のあり方」です。
くまの体験企画は、この考えに基づいたエコツアーを行っています。
団体でぞろぞろ歩いたり、ただ観光地を回ったり、ひたすら目的地を目指して歩くツアーとは異なります。

あなたの知的好奇心や探求心と、旅の楽しさの両方を満たすツアーでなくてはならないと思っています。

旅をもっと、有意義に。

ガイドスタッフ一同、お越しをお待ちしております。

事業概要

称号
くまの体験企画

設立
2008年2月1日

所在地
〒519-3612 三重県尾鷲市林町9-28

電話
090-7865-0771

代表者
内山 裕紀子

登録ガイド
20人

活動目的
熊野古道伊勢路の保全と活用のための活動指針「熊野古道アクションプログラム」に基づき、自然・歴史・文化を守り伝えるエコツーリズムを推進することによって、地域課題の解決と文化力を活かした地域振興に寄与することを目的としています。

事業内容
熊野古道および周辺地域におけるエコツアーの企画・運営
熊野地域における法人旅行や募集型企画旅行の企画協力
歴史文化を活かしたエコツーリズムの普及・講師
歴史文化を伝えるツアーガイドの育成・講師
シンポジウム、セミナー、学校などでの講演
視察、研修、メディアなどの対応
熊野学の研究・普及、地域貢献活動


沿革

2008年 2月
くまの体験企画設立
紀伊半島みる観る探検隊の一般募集開始

2009年 3月
三重県にて熊野古道エコツアー開始

2010年 4月
熊野古道エコツアーの範囲を和歌山県に拡大

2011年 4月
熊野古道伊勢路・馬越峠エコツアーがグッドエコツアーに推奨される(日本エコツーリズム協会)

2014年 1月
熊野古道伊勢路・東紀州踏破ウォーク開催(熊野古道世界遺産登録10周年事業)

2016年 3月
第11回 エコツーリズム大賞 特別賞(環境大臣賞)

2017年 2月
ふるさとづくり大賞 個人表彰(総務大臣賞)

2017年 9月
ジャパン・ツーリズム・アワード ビジネス部門賞(日本観光振興協会、日本旅行業協会、日本政府観光局)

2018年 2月
第13回 エコツーリズム大賞 優秀賞(環境大臣賞)

2018年 9月
ジャパン・ツーリズム・アワード 2年連続入賞(日本観光振興協会、日本旅行業協会、日本政府観光局)

Sustainable Development Goals

くまの体験企画は、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

これからもエコツーリズムや地域活動を通して、持続可能な観光に取り組んでまいります。

SDGs 1貧困をなくそうSDGs 4質の高い教育をみんなにSDGs 5ジェンダー平等を実現しようSDGs 8働きがいも経済成長もSDGs 10人や国の不不平等をなくそうSDGs 11住み続けられるまちづくりをSDGs 12つくる責任つかう責任SDGs 15陸の豊かさも守ろうSDGs 17パートナーシップで目標を達成しよう

第11回エコツーリズム大賞(環境大臣賞)授賞式にて表彰状を持つ内山裕紀子

      • 文化力を活かした地域振興に寄与することを目的に、熊野古道の事業に官民協働で取り組み、持続可能な観光を促進するエコツーリズムを推進しています。

      • 過疎地域においてガイドが職業として成り立ち、起業と雇用につながる活動を行っています。特に女性ガイドが活躍できる場を増やし、年齢や性別を問わずに報酬が得られる事業を行っています。

      • 世界遺産である熊野古道の保全活動や、地域資源の発掘と整備を行った上でエコツアーを実施しています。
      • 尾鷲ヒノキ製品の利用、容器を持ち帰ることができる弁当の提供、ゴミの持ち帰り、書類のペーパーレス化などを行っています。
      • 「乗って残そう地域のバス」の考えで、公共交通を利用したエコツアーを実施しています。
      • バリアフリーツアーへの協力、小さな店舗やギャラリーなどの利用、公共施設の活用、地域の交流人口の増加につながる事業を行っています。

      • エコツアーを通して自然・歴史・文化への理解を深めると共に、シンポジウム、セミナー、学校などでの講演、カルチャーツアーの提供、熊野学の研究・普及活動などによって、生涯学習の推進につながる活動を行っています。