第35回 紀伊半島みる観る探検隊「紀伊長島"とことん"魚まち歩かんかい!」

~「魚まち巡り」と「きいながしま港市」を楽しむ一日~

紀伊長島“とことん”魚まち歩かんかい!チラシ画像紀伊長島の魚まちは、東紀州地域の玄関口に位置し、県内有数の漁獲高を誇り、昔から漁業や海産商、また風待ち港として栄えてきました。

魚市場や江の浦の周辺は、今も昔ながらの漁師町の風情を色濃く残しています。そして、海や川にまつわる伝説や民話が大切に守り継がれ、暮らしに息づいています。

「古道魚まち歩観会」は、魚まちに活気を取り戻そうと、案内板や縁台の設置、マップの作成、町なかガイド、縁日や影絵などイベントの開催、古民家の活用など、さまざまな活動を行っています。

魚まちガイドの案内で、紅梅が咲く長楽寺や影絵などを楽しみながら歩きましょう。
最後は「きいながしま港市」でお買い物!

【行程】
長島港・・・花袋の広場・・・浦町庚申堂・・・アルファ橋・・・浜通り・・・江ノ浦昇降橋・・・浜口熊嶽師銅像・・・西町大師堂・・・土の壺・・・長島神社・・・記念碑山・・・岩の壺・・・長楽寺(樹齢270年の紅梅)・・・仏光寺・・・津波供養碑・・・湊屋・・・㋪食堂(古民家で民話の影絵上映)・・・本町道標・・・地蔵・・・きいながしま港市

募集チラシダウンロード
魚まちチラシPDFダウンロード

» 続きを読む