熊野古道大辺路、熊野・古座街道

熊野古道エコツアーくまの体験企画
ホームへ サイトマップ お問合せ
くまの体験企画「神話の世界と楯ヶ崎の自然」

熊野古道大辺路  熊野・古座街道

熊野古道大辺路 世界遺産追加指定候補の石畳を歩く
熊野古道大辺路 360度パノラマの代官道・八郎峠越え
熊野・古座街道 古座川の一枚岩と嶽の森山をゆく

熊野古道大辺路は、田辺から南下して本州最南端の「潮岬」がある串本町を通り、那智勝浦に到る海岸線沿いを通る熊野古道です。

熊野古道大辺路刈り開き隊大辺路のうち「富田坂」「仏坂」「長井坂」は2004年に世界遺産登録されましたが、それは大辺路の全ルートの1割程度でした。残り9割は、土砂や草に埋もれて荒れ果て、忘れ去られた道になっていました。この埋もれた大辺路も、かつては熊野参詣の旅人や行者が歩き、風光明媚な海沿いを通ることから文人に好まれ、地元の人々が生活する上でも大切な道だったのです。

「埋もれた大辺路の歴史遺産を刈り開いて復元しよう!」と立ち上がった人々がいます。2004年、大辺路をつなげようと「熊野古道大辺路刈り開き隊」が発足しました。土砂を取り除き、草を刈り、崩れた場所を復元し、古道沿い清掃作業などの保全活動や、歴史文化を伝える活動を行っています。近年では地元の高校生も一緒に作業を行い、熊野古道を守る取り組みを次世代に伝えようとしています。

そしてついに努力が実り、2016年10月に大辺路の「富田坂の一部」「タオの峠」「新田平見道」「富山平見道」「飛渡谷道」「清水峠」「二河峠」「駿田峠」が世界遺産追加登録されました!

熊野古道大辺路刈り開き隊ホームページ http://karihiraki.com/

大辺路また、熊野古道大辺路の朝来(あっそ)から分岐して山間と古座川沿いを通り古座に到る「古座街道」は、司馬遼太郎の街道をゆくシリーズで知られ、2009年・朝日新聞社の「行きたい街道日本一」に選ばれました。
古座街道のすぐそばを流れる清流・古座川沿いには、一枚岩や嶽の森山など「南紀熊野ジオパーク」に認定された巨岩がそびえています。

現在では「古座川街道やどやの会」による地域活性化の取り組みも行われています。

私たちは世界遺産や観光地の裏に隠された地域活動やエピソードを、熊野古道を訪れる方々に知っていただきたいと思っています。

大辺路や古座街道の保全活動を行う人々のガイドで、熊野古道大辺路や古座街道を観て歩いてみませんか?

熊野古道大辺路  熊野・古座街道

熊野古道大辺路 世界遺産追加指定候補の石畳を歩く
熊野古道大辺路 360度パノラマの代官道・八郎峠越え
熊野・古座街道 古座川の一枚岩と嶽の森山をゆく