内山裕紀子内山裕紀 代表:内山 裕紀子(うっちー)

2002年、歩くのが苦手で体力が落ちていた私は、健康のためにウォーキングをはじめました。たまたま選んだコースが、自宅から近い熊野古道伊勢路の馬越峠だったのです。

美しい石畳、沢の流れ、素晴らしい眺望、ひっそりと佇むお地蔵様、多くの植物、季節の花々・・・すっかり熊野古道に魅了され、日課として通うようになりました。素晴らしい景観は私を飽きさせることはありません。ヒノキ林を歩くと胸がスッとします。森林浴の効果を実感しました。

すれ違う人たちに「こんにちは、どちらからお越しですか?」と声をかけ、そのまま案内をしているうちに熊野古道語り部になり、熊野古道に関連する事業に参画して、歩く人たちの意見や要望を地元に伝え続けてきました。

私はすっかり元気で丈夫になりました。
熊野古道と、訪れる人たちに感謝しています。

悠久の歴史、生命力に満ち溢れた熊野の自然に身を置く旅
熊野古道を自分の足でしっかりと歩き通し、達成感に包まれる旅
道端のお地蔵さんに手を合わす気持ちや、地元の人々とふれあう時間を大切にする旅
せっかくの旅ですから、有意義な時間を過ごして、楽しくリフレッシュしてほしい。私の元気をみなさんにお返しできればと思っています。

【略歴、資格等】
生まれ育った三重県尾鷲市へ2002年にUターン
熊野古道の公共施設の立ち上げに関わり、体験学習コーディーネーター、地域振興事業、まちづくりの会、イベント実行委員などで活動し、体験型・着地型観光に力を入れている。各メディアに多数掲載

熊野古道語り部、紀伊半島みる観る探検隊長、インタープリテーション協会ITS33修了、日本エコツーリズムセンター世話人、日本エコツーリズム協会エコツアーガイド養成講習修了、日赤救急員、NACS-J自然観察指導員、「世界文化遺産」地域連携会議メンバー、国際熊野学会委員、海の熊野地名研究会理事、海山郷土史研究会員など

主な担当:熊野古道伊勢路・馬越峠エコツアー、女性一人旅応援プラン、絶景の天狗倉山と馬越峠、熊野古道で過ごすLOHASな一日、あなただけの熊野古道、神話の世界と楯ヶ崎の自然、元盛松の集落跡を訪ねて、西国巡礼ゆかりの岩屋堂

うっちーブログ >>