内山裕紀子内山裕紀 代表:内山 裕紀子(うっちー)

2002年、歩くのが苦手で体力が落ちていた私は、健康のためにウォーキングをはじめました。たまたま選んだコースが、自宅から近い熊野古道伊勢路の馬越峠だったのです。

美しい石畳、沢の流れ、素晴らしい眺望、ひっそりと佇むお地蔵様、多くの植物、季節の花々・・・すっかり熊野古道に魅了され、日課として通うようになりました。

当時は、熊野古道の地図や道しるべが少なくて、道に迷っている人や、困っている人をよく見かけました。
放っておけずに声をかけて、麓まで送って行ったり、手書きの地図を渡したりしているうちに、いつのまにか、そのために馬越峠へ行っている自分がいました。

熊野古道を歩く人たちの役に立てればと語り部になり、熊野古道に関する多くの事業に参画して、歩く人たちの意見が反映されるよう、取り組んできました。

そして2008年、くまの体験企画を立ち上げるに至りました。
せっかくの旅行ですから、有意義な時間を過ごして、楽しくリフレッシュしてほしい。
当時も今も、そう思っています。

私は、すっかり元気で丈夫になりました。
熊野古道でいただいた元気を、みなさんにお返しできればと思っています。

【略歴、資格等】

生まれ育った三重県尾鷲市へ2002年にUターン
熊野古道伊勢路の公共施設の立ち上げに関わり、体験学習コーディネーター、まちづくりや地域振興事業、イベント実行委員などで活動し、くまの体験企画を設立。

総務省ふるさとづくり大賞個人表彰受賞、おわせ海・山ツーデーウォーク実行委員長、国際熊野学会常任委員、海の熊野地名研究会理事、熊野古道伊勢路語り部、「世界文化遺産」地域連携会議メンバー、おわせ魅力発信推進委員会アドバイザー、日本エコツーリズムセンター世話人、日本インタープリテーション協会ITS33修了、日本エコツーリズム協会エコツアーガイド養成講習修了、NACS-J自然観察指導員