阿諏訪阿諏訪
ガイド:阿諏訪 勝(ひげちん)、阿諏訪 登喜代(ときよさん)

ガイド歴15年以上の「夫婦ガイド」です。

和歌山へ移り住んでから、二人とも熊野の大自然に惚れ込み、勝は海に、登喜代は山に魅せられ、熊野の美しい自然を紹介したくてガイドになりました。

熊野古道中辺路、伊勢路、小辺路、大峰修験道は幾度も踏破し、紀伊山地の霊場とそれらを結ぶ参詣道が世界遺産に登録されてからは、主に紀伊田原から新宮寄りの熊野古道をご案内しています。

また、熊野比丘尼(びくに)が勧進の為に500年ほど前から全国で絵解きを行った、「熊野観心十界曼荼羅」や「那智参詣曼荼羅」絵図の絵解きも行っています。
"絵解き"とは、絵を見て頂きながら絵図の説明をすることで、私たちは現代版の夫婦比丘尼として熊野の魅力を伝えています。