今回は、踏破リレーで登って以来の八鬼山でした。
私にとっては、八鬼山は、石畳の登り方、降り方がわかるようになり、自信を持つことがことができた山です。
前回は、リズムよく登り、降りすることがメインだったので、いつかじっくり八鬼山を感じたいとずっと思っていました。
以前通り抜けできたとはいえ、あれから、数年たち、今の私でも、はたして無事に通り抜けできるのか、不安でした。
途中息を切らしてしまう所もありましたが、内山さんのおかげで、最後まで無事に通り抜けできました。
前回は雪が降った後でしたが、今回はお天気に恵まれました。
とても長いコースですが、町石のなぞ、さくらの森広場からの海の景色、石畳の風景、山の水の豊富さを感じて、とても楽しく歩けました。
最後の三木里駅に向かう熊野街道もとてもよかったです。
熊野古道センターのイベントで、5月に歩いた小辺路の果無越えでは、最後まで歩けたものの途中で息切れし、足の筋肉痛がすごくて何日間かひきずりました。
今回は筋肉痛もなく帰ってこれたので、ちょっぴり自信がつきました。

次回もよろしくお願いします。

kumano

yakiyama1

yakiyama2

yakiyama3

gotogoto

くまの体験企画三河支部 Y様

いつもご参加くださり本当にありがとうございます。お天気に恵まれて絶好のコンディションでしたね。早朝の七里御浜の写真もとても綺麗♪
古の巡礼たちにとって、八鬼山越えは試練のように感じられたのでは。自分の足で一歩一歩踏みしめて、越えたときの安堵感や達成感は昔も今も変わらないと思います。そして地域の人たちにとっても難所だった八鬼山越えは、さまざまなエピソードがあります。今も歩く度に新たな発見があって、私も特別に感じられる山です。
いつか曽根次郎坂太郎坂をゆっくりと感じながら歩きませんか。ここもエピソードが多いです。
こちらこそ、次回もよろしくお願いいたします。^^

うっちー