9月27日、馬越峠を内山さんの案内で歩きました。
道中、いろいろな話を内山さんにして頂きましたが、ここでは割愛させていただきます。おそらくあの場所で聞くからこそ実感が伴って理解が深まる話ばかりだと思います。
ただ、本当に興味深い話ばかりで、僕は内山さんのお話を聞きながら自然と人間がもっと近い距離で生きていたであろう時代に想いをはせてみたり、何百年前かにその地を歩いたであろう人たちの姿を想像していました。
不思議と、内山さんのお話を聞きながらだとそういう光景がはっきりと見えてきます。
自分一人で歩いたのでは気づかないであろう熊野古道の楽しみ方を、内山さんは教えてくれました。本当にありがとうございました!

立花様

嬉しい投稿メールをありがとうございます。 熊野古道は読んで字の如く「熊野へと通じる古(いにしえ)の道」です。思いをはせながら歩くことで、自分がいつのまにか当時の旅人になったような気持ちになり、今と昔の違いを体感できます。そのお手伝いをさせていただければと思い、インタープリターをやっていますので本当に嬉しいです!
翌日は熊野らしい集中豪雨でしたね(^^;; 画像の「洗い越し」もしっかり役目を果たしたことでしょう。
ありがとうございました。またお逢いしましょう♪

うっちー