8月4日に夫婦で馬越峠越えを経験させていただきました。
ガイドは内山裕紀子さんにお願いしました。
幸い天候にも恵まれ、休日ともなれば行列ができるという古道を、ほとんど我々だけで歩くことのできた贅沢なツアーでした。


贅沢と言えば、内山さんのガイド。
説明、話しは古道の歴史から現在の尾鷲市政まで、あるいは様々な植物の解説、林業の状況などその該博な知識で本当に豊かな話しを聴くことが出来ました。
我々だけで登っていたら、「こんな石畳よく作ったねえ」「すべって恐いねえ」でおしまいだったでしょう。正に「あらまほしきは先達なり」という言葉通りでした。

熊野に我々が大きな魅力を感じたのは、地域全体に残る良い意味での共同体的価値だったような気がします。


我々が子どものころに田舎のおじいちゃん・おばあちゃんを尋ねたときに感じていた「あの空気、匂い、雰囲気」を我々夫婦は共通に感じ、何とも言えない懐かしさを覚えました。

それは、地域全体がもっているものですが、何と言っても人が素晴らしい。
今回、内山さんをはじめいろいろな方と出会う機会をもつことができましたが、皆さん人柄の良い方ばかりでした。

思うに、旅は出かけた先でどのような人と出会い、どのように交流することができたか、ということが一番大事な気がします。
その意味で今回の熊野古道ツアーの参加(翌日のシーカヤックツアーの参加も)は本当に良い旅の思い出を作ることができるものでした。

機会があれば別のコースに挑戦したいと思います。
内山さん大変お世話になりました。ありがとうございました。

H・H

H様

投稿メールありがとうございます。過分のお褒めをいただき恐縮です (^^ゞ
平日だったことで馬越峠が貸し切りに近く、木陰の爽やかな風が心地よい熊野古道ツアーでした。尾鷲市政の話はさておき(苦笑)、色々なお話をしながら、のんびりゆっくり歩き私も楽しかったです♪
熊野地方の人々は、昔々から旅人を受け入れ優しくもてなしてきました。その気持ちは現代も変わっていないように思います。
またお逢いできる日を楽しみにしています。こちらこそありがとうございました!

うっちー