熊野古道エコツアー 服装・持ち物について

熊野古道エコツアーくまの体験企画
ホームへ サイトマップ お問合せ
くまの体験企画「服装・持ち物について」

服装・持ち物について ◆服装

動きやすく歩きやすい服装でお越しください。
熊野古道伊勢路や熊野三山の周辺は標高100m~600m程度の低山で、気温は平野部とあまり変わりません。
下記の気象庁ホームページを参考に、季節に合せたハイキングの服装でお越しください。

気象庁
三重県尾鷲市の気象データ
三重県熊野市の気象データ
和歌山県新宮市の気象データ
和歌山県田辺市本宮町の気象データ

靴イメージ◆靴

履き慣れたトレッキングシューズ、滑りにくい靴底の運動靴やウォーキングシューズなどでお越しください。
ツアーは山道だけではなくアスファルト道も歩きます。重登山靴はアスファルトを歩きにくいので、トレッキングシューズや軽登山靴のほうがよいと思います。

◆持ち物

リュックサック(ハイキング用のデイパック)、雨具(レインウェア、折りたたみ傘、ザックカバー)、帽子、飲み物、常備薬
そのほか個人的に気になるもの(カメラ、行動食、朱印帳など)
夏季は日焼け止め、虫除け、汗拭きタオル、熱中症対策グッズなど
冬季は防寒グッズ、重ね着用の上着など

お昼をはさむツアーをお選びの方は弁当をお持ちください。持ち運びしやすい郷土料理弁当のご予約も承ります。
2個以上で、くまの体験企画までお申込みください。
・熊野古道薬草弁当 1,080円 (熊野古道伊勢路の尾鷲市・紀北町エリア)
http://www.ztv.ne.jp/web/naraiy/yakusoubentou/
・熊野古道石畳弁当 756円 (熊野古道伊勢路の尾鷲市・紀北町エリア)
http://www.ztv.ne.jp/web/naraiy/okigisu/
・かね久熊野古道弁当 Bタイプ携帯用 800円 (熊野古道伊勢路の熊野市エリア)
http://www.kumadoco.net/kodo/goods/01_b.html
・大村屋熊野古道弁当、熊タカ丼弁当 各1,100円 (熊野古道中辺路の本宮エリア)
http://www.oomuraya.net/food/index_bentou.html

レンタル杖◆無料レンタル ※馬越峠、天狗倉山、八鬼山越えなど三重県尾鷲市周辺のツアーのみ

ハイキング用品を持っていない、旅の荷物を少なくしたい、という方への無料レンタルサービス!ツアーご予約の際にお申込みください。

・杖(40名様まで)
地元材(尾鷲ひのき)を使った軽い杖です。団体バスツアーやグループ様にも対応いたします。

デイバッグ・デイパック(7名様まで)
熊野古道エコツアーに最適な15L~20Lサイズ。
お弁当、合羽、折りたたみ傘、500mlペットボトル、デジカメなど小物が全て入ります。

・20L用ザックカバー(7名様まで)

・レインポンチョ(M・Lサイズあり、7名様まで)
デイパックを背負ったまま着ることができ、動きやすく蒸れにくい。

・レインコート(M・Lサイズあり、7名様まで)
標高の低い熊野古道を歩く用です。アウトドア用のレインウェアをお持ちの方はご持参ください。

・折りたたみ傘(7名様まで)
アスファルト道は傘をさして歩けますが、石畳道や山道は必ずレインウェアの着用をお願いします。(傘をさして歩くと滑ったとき危険です)

◆備考

夏季は気温30℃以上の猛暑日が続きます。飲み物を多めに持ち、紫外線対策の帽子、吸汗速乾シャツの着用など、熱中症対策をお願いします。

熊野古道は自然度が高く、虫や蛇がいます。生足での参加は避けてください。
また、夏季はスズメバチ対策のために、黒色の服、香水、香料の入った化粧品やヘアスプレーなどは使用しないでください。

尾鷲駅、熊野市駅、その他の無人駅にはコインロッカーがございません。
荷物を預ける方法については、各ツアーページの「持ち物」欄をご覧ください。

24時間営業のコンビニエンスストアは国道42号沿いに多数ございます。(コンビニまっぷhttp://cvs-map.jp/

雨の中を歩くと足下が濡れます。雨天が予想される場合は、替えの靴下や靴をご用意いただくと、お帰りの車内で快適に過ごせます。