熊野古道を長距離歩こう ~江戸時代の旅人は1日にどれだけ歩いたのか~

中里熊野地方の自然・歴史・文化を体験できるツアーを定期的に行っている「くまの体験企画」では、第13回 紀伊半島みる観る探検隊~江戸時代の旅人は1日にどれだけ歩いたのか~の参加者を募集しています。

今回のツアーは、江戸時代に熊野街道を歩いた旅人が1日に歩いた距離を、実際に同じ様に歩いてみようというもので、峠道だけではなく、まちなかの街道を含めた本来の熊野古道(歩き)を体験してみようという催しです。
あなたも、昔の旅人に思いをはせながらチャレンジしてみませんか。

» 続きを読む

ページトップへ▲