熊野古道ツアー 紀伊半島みる観る探検隊

熊野古道エコツアーくまの体験企画
ホームへ サイトマップ お問合せ
くまの体験企画「紀伊半島みる観る探検隊」

第40回 紀伊半島みる観る探検隊 「頼母(たのも)の集落跡を訪ねて」

頼母みる観るチラシ三重県尾鷲市の三木埼は、吉野熊野国立公園の特別地域に指定され、アカガシやスダジイなどの豊かな自然林が残っている貴重な場所です。

三木崎には「頼母(たのも)」「元盛松(もとさがりまつ)」の2つの集落がありました。頼母は400年以上前に4人の移住者が製塩を始めたのが発祥とされています。廃村になった現在は、住居跡の石垣や水田跡などの遺跡や、各集落を結ぶ古道が残っています。

尾鷲市三木浦地区では、三木崎・頼母や元盛松を含め、町の財産である美しい自然や長い歴史を持つ漁業の魅力を発信しようと、空き家活用や「三木浦こいやぁ」の開催などを行っています。
頼母の集落跡を、自然や歴史を感じながら歩きましょう!

 

 

【行程】
マリンパーク駐車場 ~(車移動)~ 木名峠停車場・・・木名峠狼煙場跡・・・頼母(古道、集落跡、水田跡、猪垣、ゴロタ石の浜など)・・・木名峠停車場またはマリンパーク駐車場で解散

↓募集チラシダウンロードはこちら↓
廃村頼母チラシダウンロード

» 続きを読む

ページトップへ▲

第39回 紀伊半島みる観る探検隊 「もうひとつの松本峠 ~知られざる猪垣道をゆく~ 」

もうひとつの松本峠チラシ世界遺産に登録され、訪れる人が多い熊野古道伊勢路・松本峠道。その熊野古道から外れた山の中はどうなっているのでしょう?

松本峠道は熊野市大泊町と木本町の間に位置し、山林にはそれぞれの町の田畑を獣害から守るための猪垣が、迷路のように張り巡らされています。中には猪垣が分岐する三叉路や、猪垣に挟まれた広場もあり、棚田跡や段々畑跡の石垣が、知られることなくひっそりと残っています。
延々と続く猪垣や、城壁のように高い石垣、大きな石が積み上げられている様子から、先人たちの苦労が伝わってきます。

木本地区の歴史や文化を掘り起し、その魅力を伝える活動を行っている「木本探検倶楽部」と一緒に、なかなか行けない猪垣道や石垣群を探検してみませんか?

【行程】
くまのパーキング・・・登り口・・・松本峠・・・猪垣道・・・高田越・・・溜池跡と棚田跡・・・猪垣の三叉路・・・猪垣の広場・・・段々畑跡の石垣群・・・降り口・・・木本・・・鬼ヶ城歩道トンネル(木本隧道)・・・くまのパーキング

↓募集チラシのダウンロードはこちら↓
もうひとつの松本峠チラシDL

» 続きを読む

ページトップへ▲

第38回 紀伊半島みる観る探検隊 「古里地区の熊野古道を歩こう!」

~古の旅人の道中日記に書かれている道を辿る~

古里地区の熊野古道を歩こう!チラシ紀北町の古里地区は、熊野古道伊勢路の「一石峠・平方峠・サボ鼻道」が通り、「紀伊の松島」といわれる美しい海の景観、きいながしま古里温泉、海水浴場、みかん園、国指定文化財の隧道など、多くの観光スポットの中心に、民宿街がある風光明媚な町です。

平成27年1月13日、地元有志によって一石峠から古里地区に向かう古道が刈り開きされて通れるようになりました。ここは地域の人々から「横吹け峠」と呼ばれ、小さな切り通しになっています。
また、今回のイベントでは、地域の人々が「馬坂」と呼び、江戸時代の旅人の道中日記に「のこぎり坂」と記載されている峠も辿ります。
いにしえの旅人たちのルートを辿り、思いをはせながら歩きましょう。

【行程】
古里海水浴場・・・江の浦トンネル(旧長島隧道)・・・平方峠・・・一石峠・・・横吹け峠を辿る・・・庚申堂・・・古里歩道トンネル(旧海野隧道)・・・馬坂(のこぎり坂)を辿る・・・若宮神社・・・サボ鼻道・・・古里海水浴場

↓募集チラシのダウンロードはこちら↓
古里地区の熊野古道を歩こう!チラシ

» 続きを読む

ページトップへ▲

三反帆鵜殿チラシ
「川の熊野古道」として世界遺産に登録されている熊野川。
河口付近の紀宝町鵜殿には、熊野水軍が活躍していた頃この地を治めた鵜殿氏の鵜殿城跡や烏止野神社、熊野信仰にまつわる貴祢谷社など、中世の史跡が点在しています。

熊野川は熊野三山を結ぶ参詣道として、また住民にとっては舟で行き来をして生活物資を運ぶ水上交通が盛んでした。川と結びついた生活文化をいつまでも残したいと「三反帆」を復活させた熊野川体感塾による遊覧ツアーが人気を集めています。

鵜殿を歴史を感じながら歩き、三反帆に乗って自然や文化を体感します。丘・川の両方から熊野川の河口付近を観て巡るツアーです。

 

【行程】(・・・徒歩 ~三反帆)
紀宝町役場分庁舎・・・烏止野神社(行きたい人は大上神社)・・・鵜殿城跡・・・鵜殿氏墓所・・・貴祢谷社・・・成川の川原 ~ 御船島 ~ 船着場・・・川舟工房・・・船着場 ~ 乙基の渡し ~ 成川の川原・・・紀宝町役場分庁舎

↓募集チラシダウンロードはこちら↓
三反帆鵜殿チラシ

» 続きを読む

ページトップへ▲

紀伊半島みる観る探検隊 熊野古道世界遺産登録10周年記念
全8回 語り部と行く「熊野古道伊勢路・東紀州踏破ウォーク」

2014年(平成26年)熊野古道は世界遺産登録10周年を迎えます。
この記念すべき節目に、熊野古道伊勢路の峠道と町なかをつなぎ、いにしえの旅人に思いをはせながら歩きましょう♪

【 5つの特徴 】
熊野古道伊勢路・東紀州踏破ウォークチラシ画像

  1. 8 回に分けてツヅラト峠~ 熊野速玉大社の区間を踏破!
  2. 好きな回だけ参加OK! 行っていないコースを歩くチャンス!
  3. 全行程に熊野古道語り部や専任ガイドが同行!
  4. 地域の人とのふれあいを楽しみながら歩ける!
  5. 歩行中の荷物預かり、リタイア対応ありで快適& 安心!

 

全踏破された方には完歩記念品をプレゼント!
(プレゼント提供:東紀州地域振興公社NPO法人 海虹路

 

第1回:平成26年1月18日(土)8:00~16:30 ※雨天は1月25日(土)に延期
紀伊長島駅...荷坂峠...ツヅラト峠...紀伊長島駅 (約17km)

第2回:平成26年1月19日(日)8:00~16:30 ※雨天は1月26日(日)に延期
紀伊長島駅...魚まち...一石峠・熊谷道...始神峠...船津駅 (約18km)

第3回:平成26年2月22日(土)8:00~16:30 ※雨天は3月1日(土)に延期
船津駅...中里...船津...相賀...便ノ山...馬越峠...尾鷲駅 (約12km)

第4回:平成26年2月23日(日)8:00~16:00 ※雨天は3月2日(日)に延期
尾鷲駅...尾鷲市街...やのはま道...八鬼山越え...三木里駅 (約12km)

第5回:平成26年3月15日(土)8:00~16:00 ※雨天は3月29日(土)に延期
三木里駅...三木峠・羽後峠...曽根次郎坂・太郎坂...二木島駅 (約11km)

第6回:平成26年3月16日(日)8:10~16:10 ※雨天は3月30日(日)に延期
二木島駅...二木島峠・逢神坂峠...波田須・大吹峠...大泊駅 (約12km)

第7回:平成26年4月19日(土)8:30~16:00 ※雨天は5月17日(土)に延期
大泊駅...松本峠・花の窟...浜街道(北)...阿田和駅 (約15km)

第8回:平成26年4月20日(日)8:10~16:00 ※雨天は5月18日(日)に延期
阿田和駅...浜街道(南)...熊野速玉大社...新宮駅 (約14.4km)

↓募集チラシダウンロードはこちら
熊野古道伊勢路・東紀州踏破ウォークチラシDL

» 続きを読む

ページトップへ▲

頼母みるみるチラシ
三重県尾鷲市の三木埼は、吉野熊野国立公園の特別地域に指定され、アカガシやスダジイなどの豊かな自然林が残っている貴重な場所です。

三木崎には「頼母(たのも)」「元盛松(もとさがりまつ)」の2つの集落がありました。頼母は400年以上前に4人の移住者が製塩を始めたのが発祥とされています。廃村になった現在は、住居跡の石垣や水田跡などの遺跡や、各集落を結ぶ古道が残っています。

尾鷲市三木浦地区では、三木崎・頼母や元盛松を含め、町の財産である美しい自然や長い歴史を持つ漁業の魅力を発信しようと、空き家活用や「三木浦こいやぁ」の開催などを行っています。
頼母の集落跡を、自然や歴史を感じながら歩きましょう!

 


【行程】
マリンパーク駐車場 ~(車移動)~ 木名峠停車場・・・木名峠狼煙場跡・・・頼母(古道、集落跡、水田跡、猪垣、ゴロタ石の浜など)・・・木名峠停車場またはマリンパーク駐車場で解散

↓募集チラシダウンロードはこちら↓
廃村頼母チラシダウンロード

» 続きを読む

ページトップへ▲

第35回 紀伊半島みる観る探検隊「紀伊長島"とことん"魚まち歩かんかい!」

~「魚まち巡り」と「きいながしま港市」を楽しむ一日~

紀伊長島“とことん”魚まち歩かんかい!チラシ画像紀伊長島の魚まちは、東紀州地域の玄関口に位置し、県内有数の漁獲高を誇り、昔から漁業や海産商、また風待ち港として栄えてきました。

魚市場や江の浦の周辺は、今も昔ながらの漁師町の風情を色濃く残しています。そして、海や川にまつわる伝説や民話が大切に守り継がれ、暮らしに息づいています。

「古道魚まち歩観会」は、魚まちに活気を取り戻そうと、案内板や縁台の設置、マップの作成、町なかガイド、縁日や影絵などイベントの開催、古民家の活用など、さまざまな活動を行っています。

魚まちガイドの案内で、紅梅が咲く長楽寺や影絵などを楽しみながら歩きましょう。
最後は「きいながしま港市」でお買い物!

【行程】
長島港・・・花袋の広場・・・浦町庚申堂・・・アルファ橋・・・浜通り・・・江ノ浦昇降橋・・・浜口熊嶽師銅像・・・西町大師堂・・・土の壺・・・長島神社・・・記念碑山・・・岩の壺・・・長楽寺(樹齢270年の紅梅)・・・仏光寺・・・津波供養碑・・・湊屋・・・㋪食堂(古民家で民話の影絵上映)・・・本町道標・・・地蔵・・・きいながしま港市

募集チラシダウンロード
魚まちチラシPDFダウンロード

» 続きを読む

ページトップへ▲

第34回 紀伊半島みる観る探検隊 「赤倉と大丹倉・それをつないだ幻の道」

~ ふるさとを残そう! 熊野市育生町赤倉発 限界集落の挑戦 ~

丹倉神社熊野市街から山に向かって車を走らせること30分、山深い隠れ里のような赤倉は、かつて本宮へと続く街道沿いの集落でしたが、今は2世帯のみになりました。

あまご養殖を営む赤倉水産、山里民泊あかくら、あまご屋、獣害に強い生姜の栽培と商品開発など"赤倉地区「童集乃村(わらしべのむら)」活性化協議会"による地域おこしが行われています。

街道沿いには巨岩を神体とする丹倉神社、屋敷跡、天を貫く巨岩・大丹倉、そして今なお自然と共に暮らす人々がいます。


赤倉にIターンした植野めぐみさんの案内で、童集乃村、旧街道、古道、育生町のシンボル「表丹倉」と断崖絶壁の「裏丹倉」などをトレッキング!魅力たっぷりの一日を過ごしましょう。

【行程】
童集乃村・・・赤倉水産・・・古道・・・山の神・・・あまご屋(あまご塩焼き試食)~(車移動)~ 天狗鍛冶屋敷跡・・・庚申・・・風吹峠・・・表丹倉・・・高倉剣大明神・・・裏丹倉 ~(車移動)~ 丹倉神社 ~(車移動)~童集乃村

募集チラシダウンロード
紀伊半島みる観る探検隊チラシDL

» 続きを読む

ページトップへ▲

第33回 紀伊半島みる観る探検隊 「京城と神内の聖地を訪ねて」

~ 三重県南牟婁郡紀宝町大里に中世の城跡がある!~

羽山地遺跡京城(みやこのじょう)跡は15世紀頃の築城と推測され、熊野三山近くの城の中でも特に大きく、畝状の掘や石垣など当時の手法が用いられています。

また、敷地内の羽山地遺跡は発掘調査が行われたばかりで、建物の柱跡や鎌倉~室町時代の陶器などが出土しました。羽山地遺跡の発掘調査跡は町道の新設工事に伴い、今しか見ることが出来ません。

紀宝町神内には熊野の自然信仰を色濃く残す史跡が多く、全国にテレビ放映され、神内神社は「日本の聖地ベスト100」の10位に選ばれました。

多くの人々に訪れて頂き、楽しく豊かな神内を目指したいと「神内生き活き協議会」による町づくりや郷土史研究が行われています。紀宝町大里と神内の史跡を、ゆっくり歩いて巡りましょう!

【行程】
田代公園~(大里区へ車移動)~ 斎ヶ丘神社・・・羽山地遺跡・・・京城跡 ~(車移動)~ふるさと資料館~(神内区へ車移動)~道祖神と虎石造・・・神内神社・・・古神殿・・・延命地蔵・・・オムラの池・・・解散

募集チラシダウンロード

紀伊半島みる観る探検隊チラシDL

» 続きを読む

ページトップへ▲

第32回 紀伊半島みる観る探検隊「西国巡礼ゆかりの岩屋堂と尾鷲まちなか巡り」

~ 道中日記に描かれた観音様を訪ねる旅へ ~


むかし、西国三十三所の巡礼たちは熊野古道伊勢路の馬越峠を越え、岩屋堂の観音様にもお参りをしてから旅を続けました。

今、世界遺産の馬越峠は多くの人が訪れていますが、岩屋堂を訪れる人は少なくひっそりとしています。

岩屋堂は鎌倉時代末期の作と伝えられる本尊の聖観音と、三十三体の観音石仏が並ぶ聖地で、中世から存在するといわれている貴重な古道も残っています。

江戸時代の尾鷲は船着き港として賑わい、道中日記に「よき町なり」と多く記され、旅人は旅籠に泊まり足を休めてホッとするひと時を過ごしたことでしょう。今も尾鷲は熊野古道の旅人を迎えています。

既に熊野古道伊勢路の馬越峠を歩いたことのある方におすすめします。
いにしえの巡礼に思いをはせながら、同じ道を歩いてみませんか?

【行程】
尾鷲港・・・先祖道・・・岩屋堂参詣道・・・岩屋堂・・・大石展望所・・・まちかど博物館・・・津波供養塔・・・徳本上人名号碑・・・尾鷲神社・・・尾鷲まちなか巡り(中井町、知古町、明慶町など)・・・尾鷲港


募集チラシダウンロード

紀伊半島みる観る探検隊チラシDL

» 続きを読む

ページトップへ▲

ページ移動 前へ 1,2,3,4 次へ Page 2 of 4