第43回 紀伊半島みる観る探検隊「長島城跡から久賀坂・魚まちを歩こう!」

~城の腰山と魚まちをとことん楽しむ一日~

2月21日・長島城跡~魚まちみるみるチラシ紀伊長島の魚まちは、東紀州地域の玄関口に位置し、昔から漁業や海産商、また風待ち港として栄えてきました。魚市場や江の浦の周辺は、今も昔ながらの漁師町の風情を色濃く残しています。

魚まちの裏山の「城腰山」には、元中1年(1384年)に加藤甚左衛門が築いた紀伊長島城跡があり、曲輪、堀切、堅堀などが見られます。城跡から尾根伝いに歩くと、東長島や島原地区・仙千代ヶ峰や南亦山などが一望でき、尾根の先の久賀峠ではお地蔵さんが待っています。

「古道魚まち歩観会」は、魚まちに案内板や縁台の設置、マップの作成、町なかガイド、縁日や影絵などイベントの開催、古民家の活用など、さまざまな活動を行い、その魅力を訪れる人々に伝えています。

城腰山や魚まちを歩いて、紀伊長島の自然と歴史の両方を楽しみましょう!

【行程】
長島港・・・紀伊長島城跡・・・尾根道(展望所・ウバメガシ林・標高240m)・・・久賀峠(地蔵・切通し)・・・久賀坂・・・山居地区・・・風の広場・・・琴比羅社・・・熊嶽邸跡・・・長楽寺・・・岩の壺・・・仏光寺・津波供養碑・・・湊家・・・魚まちのたまり場(古民家で民話の影絵上映)・・・本町道標・・・長島神社・大クス・・・西町大師堂・・・土の壺・・・浜口熊嶽銅像・・・江の浦昇降橋・・・浦町庚申堂・・・花袋の広場・・・長島港  ※歩行距離:約8km

↓募集チラシのダウンロードはこちら↓
長島城跡から久賀坂・魚まちチラシ


  • 日時

平成28年2月21日(日) 9:00集合 15:30解散 ※雨天は2月28日(日)に延期

  • 集合場所

長島港製氷塔の横(Google map

  • 案内人

樋口 義也さん、古道魚まち歩観会の皆さん

  • 募集人数

20名 (最少催行人数10名)

  • 参加費

1,800円 (ガイド料、保険料、通信費など)

  • 持ち物

弁当、飲み物、雨具、常備薬など

  • 申込締切

平成28年2月18日(木) ※先着順 定員になり次第締め切ります。

  • 申込方法

お申込みフォーム または お電話(090-7865-0771)にてお申込みください。※参加される方全員の氏名、住所、電話番号、生年月日が必要です

  • お申込み後にアクセス方法など詳しい案内状をお送りします。
  • 公共交通機関でお越しの方は、お申込みの際にご相談ください。
  • 足元の不安定な山道、尾根、アスファルト道を歩きます。トレッキングシューズや運動靴、歩きやすい服装でお越しください。(歩行距離:約8km、最大標高:約240m)
  • 必ず自己責任でご参加ください。事故怪我などはエコツアー保険の範囲内で対処することに同意の上でお申し込みください。

【主催】
 くまの体験企画、紀伊半島みる観る探検隊実行委員会
〒519-3612 三重県尾鷲市林町9-28 電話:090-7865-0771 FAX:050-3153-1665

【共催】
古道魚まち歩観会

【後援】
紀北町、 紀北町観光協会

紀伊長島港
「城の腰山」に登ってゆくと紀伊長島港や魚まちの周辺が一望できます。

城の腰山の尾根歩き
城の腰山から尾根伝いに歩きます。ここは地元の人もほとんど行ったことがない!

赤羽地区や仙千代ヶ峰が見える
尾根の途中には眺めのよい場所が何か所もあります。景色最高!

久賀峠
長島や出垣内から赤羽に繋がる道「久賀峠」。歩く人がいなくなった峠にお地蔵さんが佇んでいます。

紀伊長島魚まち
「きいながしま魚まち」には古民家や史跡が多く残っています。ガイドウォークを楽しみましょう♪