吉野熊野国立公園の特別保護地区、魚付き保安林として守られてきた九木崎樹叢(原生林)は、海岸にまで亜熱帯性・温暖性の植物が生い茂り、照葉樹林の切れ間から美しい熊野灘が見渡せます。

全く人を寄せ付けないイメージの原生林ですが、古くから九鬼町との関わりが深く、九木崎には集落跡の古田、九鬼のブリ大敷網を見降ろす魚見小屋、炭焼窯跡などがあり、古くから自然と人間が共存してきた歴史が解る貴重な場所です。

そして、九木崎の突端近くには文化財指定の遠見番所跡、常灯場跡、狼煙場跡が・・・あれっ?狼煙場跡はどこに???

九鬼小学校で昭和31年~41年の間、教員をされていた野田敦美さんの案内で、ブリ漁や廻船で栄えた九鬼水軍発祥の地・九鬼町と九木崎の関わりを探ります。


【行程】
九鬼漁港(集合) ~ 九木神社・樹叢 ~ 三思丘公園・岬神社 ~ 猪垣 ~ 古田・山の神 ~ 九木崎原生林
~ 2号ブリ魚見小屋 ~ 炭焼窯跡 ~ 九木崎遠見番所跡・常灯場跡(狼煙場跡) ~ 九木崎突端 ~
九鬼小学校 ~ ニラクラ祭場 ~ 真厳寺 ~ 九鬼町内 ~ 九鬼漁港(解散)

日時
  • 平成22年3月13日(土) ※荒天延期
    8:40集合  16:30頃解散
集合場所
  • 九鬼漁協魚市場(尾鷲市九鬼町)
案内人
  • 野田 敦美さん
募集人数
  • 20名(最少催行人数5名)
参加費
  • 1,700円(保険代、通信費など諸経費含む)
持ち物
  • 弁当、飲み物、雨具、帽子、杖など

【お申込方法】住所、氏名、電話番号、生年月日をお知らせの上お申込下さい。

申込先
  • くまの体験企画 内山 (電話)090-7865-0771
申込締切
  • 平成22年3月11日(木) ※申込み先着順
  • 歩行距離は約8km、実質歩行時間は約5時間30分です。
  • 移動手段について詳細はお問合せください。お申込み時にも詳しくお伝えします
  • 雨天・荒天等が予想される場合は3月12日(金)に催行可否をご連絡します。
  • 必ず自己責任においてご参加ください。事故怪我などは国内旅行保険の範囲内で対処することに同意の上でお申込ください。

【主催】 くまの体験企画(代表:内山裕紀子)
【後援】 尾鷲市  尾鷲観光物産協会