熊野古道を長距離歩こう ~江戸時代の旅人は1日にどれだけ歩いたのか~

中里熊野地方の自然・歴史・文化を体験できるツアーを定期的に行っている「くまの体験企画」では、第13回 紀伊半島みる観る探検隊~江戸時代の旅人は1日にどれだけ歩いたのか~の参加者を募集しています。

今回のツアーは、江戸時代に熊野街道を歩いた旅人が1日に歩いた距離を、実際に同じ様に歩いてみようというもので、峠道だけではなく、まちなかの街道を含めた本来の熊野古道(歩き)を体験してみようという催しです。
あなたも、昔の旅人に思いをはせながらチャレンジしてみませんか。


  • 日時: 平成21年1月24日(土)
    8:40集合  17:00頃解散
  • 集合場所: JR紀伊長島駅前
  • 解散場所: JR尾鷲駅前
  • 案内人: 植野 めぐみさん
  • 募集人数: 15名(最少催行人数5名)
  • 参加費: 1,700円(保険代、諸経費含む)
  • 持ち物: 弁当、飲み物、雨具、帽子、杖など
    (お弁当のご予約も可能です)
  • 申込締切:平成21年1月22日(木)17:00
    ※申込み先着順

    ※詳しくはこちらのチラシ(PDFファイル)をご覧ください。

(お申込先)
くまの体験企画  内山 裕紀子 
電話:090-7865-0771
FAX:0597-22-0471
※必ずお電話にて住所、氏名、電話番号、生年月日(年齢)をお知らせの上お申込下さい。