熊野古道エコツアー メディア掲載ページ

熊野古道エコツアーくまの体験企画
ホームへ サイトマップ お問合せ
くまの体験企画「メディア掲載」

中日新聞中日新聞に、三重県立熊野古道センターと共催で行った「石蔵美術館スケッチツアー」について掲載されました。熊野市五郷町の熊野石蔵美術館は知る人ぞ知る国指定文化財です。

 

関連記事

ページトップへ▲

中日新聞中日新聞に、「第16回 紀伊半島みる観る探検隊 哀愁の矢の川峠」が掲載されました。

三重県尾鷲市と熊野市の区間に鉄道が無かった時代、省営バスが走っていた矢ノ川峠道は今どうなっているかを探索する現地ツアーを開催しました。

関連記事

紀伊半島みる観る探検隊はこちら>>

ページトップへ▲

南海日日盛松の集落跡探訪ツアー企画が、地元紙・南海日日新聞に掲載されました。

全戸移住して無住となった元盛松地区と、保全活動を行っている奥地啓吾氏を紹介する「第15回 紀伊半島みる観る探検隊 元盛松の集落跡を訪ねて」を実施したことが取り上げられました。
元盛松の様子が詳しく掲載されています。

 

 

 

紀伊半島みる観る探検隊はこちら>>

ページトップへ▲

南紀新報「第14回 紀伊半島みる観る探検隊 絶景の井田みさご峠」の企画が、地方紙・南紀新報に掲載されました。

場所が特定されていない江戸時代の狼煙場跡や、知る人ぞ知る絶景ポイント「みさご岩」や「牛の背」を巡るツアーを実施しました。

 

紀伊半島みる観る探検隊はこちら>>

ページトップへ▲

中日新聞中日新聞に、「第13回 紀伊半島みる観る探検隊 熊野古道を長距離歩こう」が掲載されました。

「昔の旅人は1日でどれだけ歩いたのか?」をテーマに、短い距離を歩く一般の熊野古道ツアーとは違った健脚者向けツアーを実施しました。

 

 


関連記事

紀伊半島みる観る探検隊はこちら>>

ページトップへ▲

伊勢新聞伊勢新聞に、熊野古道を長距離歩くツアーの模様が掲載されました。

江戸時代の旅人たちは、熊野古道を1日あたり約35km歩いていました。これを現代によみがえらせる企画「第13回 紀伊半島みる観る探検隊 熊野古道を長距離歩こう」を実施しました。


関連記事

紀伊半島みる観る探検隊はこちら>>

ページトップへ▲

毎日新聞毎日新聞に、「第12回 紀伊半島みる観る探検隊 神座の里・大丹倉を行く」の模様が掲載されました。

三重県熊野市育生町赤倉を拠点に、岩峰・大丹倉の表丹倉と裏丹倉、天狗鍛冶屋敷跡や関所跡などを巡りました。

紀伊半島みる観る探検隊はこちら>>

ページトップへ▲

朝日新聞朝日新聞に、くまの体験企画の活動についてのインタビュー記事が掲載されました。

代表の内山裕紀子が、くまの体験企画を立ち上げた理由や、紀伊半島みる観る探検隊、地域の課題についてなどを語っています。

 

 

 

ページトップへ▲

中日新聞くまの体験企画の代表・内山裕紀子が、中日新聞「キラリくまのびと」のコーナーにて紹介されました。

 

 

ページトップへ▲

中日新聞中日新聞に、尾鷲市九鬼町散策ツアーの模様が掲載されました。

吉野熊野国立公園や魚付き保安林の原生林と、廻船湊やブリ漁で栄えた九鬼町を歩く、「第7回 紀伊半島みる観る探検隊 九木崎原生林と九鬼町の今昔」を実施しました。

紀伊半島みる観る探検隊はこちら>>

 

ページトップへ▲

ページ移動 前へ 1,2, ... ,4,5,6 次へ Page 5 of 6