南海日日「第16回 紀伊半島みる観る探検隊・哀愁の矢の川峠」の模様が、地元紙・南海日日新聞に掲載されました。

三重県尾鷲市~熊野市の区間に鉄道が開通していなかった頃は、矢ノ川峠を越える安全索道や省営バスで乗客を運んでいました。矢ノ川峠旧道の安全索道駅跡や明治道など、道の移り変わりを分かりやすく解説しながら現地を探索しました。

関連記事

紀伊半島みる観る探検隊はこちら>>