矢口峠と展望台から、さらに三浦越えを進みます。
だんだんと道が狭くなり、気をつけながら歩いてゆくと 八壷の滝⇒ と書かれた、小さな看板が見えてきました。どこどこ?どこに滝?と見渡すと、分岐した道の先に、一すじの滝が見えました。

三浦越え 八壷の滝

足下が濡れていて滑りやすそうだったので、滝には下りずに写真を撮りました。わかるかな?
尾上氏のお話によると、滝が幾重にも段差になっており、滝壷が8つあるから八壺の滝なのだそう。

三浦越えに張られたロープ

更に道が狭くなり、断崖絶壁のような場所に道がついている (^^;)
歩きやすいようにロープを張ってありました。保全活動をされている方々、本当にありがとございます。
歩き始めて2時間近く経過。ゴールはまだか〜?