うっちーは、尾鷲市にある三重県立熊野古道センターの準備事務所で働いていたことがある。早い話が、熊野古道センターが出来上がるまでの建設に関わる県事務所だ。
熊野古道センターは公設民営。行政側が建設して民間が運営する、
指定管理者制度を導入している。

ここの展示資料の収集担当をしていたので、展示物に対しての思い入れが人一倍深い。
私がツアーのお客様と一緒に熊野古道センターへ行くことがあると、つい細かく説明してしまう。

これは熊野古道センター建設中の画像。
熊野古道センター建設途中外観

建設中は、時々地元向けに見学会を開いていた。
熊野古道センター建設中の内部

建設途中の駐車場。植栽がまだです。
熊野古道センター建設途中の駐車場

行かれた方は違いがわかるかな?
熊野古道センターはオープンから3年目になり、指定管理者の再選定が近づいてきた。関わってきた私としては、今後の動向が気になるところ。
何にしても、訪れる人々に親しまれる熊野古道センターであってほしい。